小説を書きたいならテキストエディタしかない

こんにちは。

小説や長文を書くのに、あなたはどのようなアプリを使っているでしょうか。

Word? Evernote? はたまたメモ帳?

プレーンテキストという言葉

プレーンテキストという言葉をご存知でしょうか。簡単に言うと「テキスト」のみの情報を持ったファイルのことを指します。

小説は全て文字(=テキスト)の集合です。「小説家になろう」などのweb小説サイトでは全ての投稿はプレーンテキストの形式となっています。要するに、文字以外なにも送らないということですね。

さて、冒頭の件。WordはWord独自の形式でプレーンテキストではありません。Evernoteはリッチテキストと呼ばれる形式です。メモ帳はプレーンテキストです

この記事を読んでいただいているということは、おそらく小説投稿サイト(前述の小説家になろうが大半かな?)に小説を投稿しようと思っている方なのでしょう。そういう場所に投稿するならば、プレーンテキストを扱うテキストエディタを使うべきでしょう。(Evernoteはクラウドで同期できるという点では良い印象ですが、ただ日本語に弱い印象があります)

Windows用のテキストエディタでの有名どころは『Mery』『サクラエディタ』『秀丸』でしょうか。検索するとでてきますし、おすすめしている人が多いです。

ただ、これらはプログラミング用に特化しています。つまり、ただの文章を書くだけなら機能が過大すぎるし、レイアウトも向いていません。私はおすすめしません。

Appy textはwindows10及びWindows Phoneで利用できるアプリ。Windows StoreからダウンロードするのでWindows7では利用不可(windows8 / 8.1...

Windows用でしたら上記のAppy textなどが純粋な文章執筆に向いています。その他に見つけたら更新しようと思います。