Macはデフォルトで画像に説明や注釈をつけられてリサイズもできる

Macはデフォルトでプレビューという画像閲覧用のアプリがあります。これはただ画像を見るだけではなく、簡単な編集機能も備わっています。

こんな感じ
こんな感じ

今回はこれについて説明します。




注釈をつける

何をするにしても、マークアップを開かなければなりません。プレビューを開いて、鉛筆マークをクリックします。

マークアップ
マークアップ

ツールバーが出現するので、それぞれ線の太さや外側の線(アウトライン)、内側の塗りつぶし色などを選択します。今回は塗りつぶしは選択しませんが。そのあとに図形を選択します。

図形を追加する
図形を追加する

図形はあとからでも色や大きさ、線の太さなどを変更できます。

四角と矢印を追加
四角と矢印を追加

テキストを追加します。フォントの設定は右上からします。ここでもアウトラインや塗りつぶしは使えます。また、文字色はフォント設定から変更します。

テキストの追加
テキストの追加

これでこんな感じの画像ができました。

Googleの検索はここ!
Googleの検索はここ!

画像のトリミング

トリミングをするにはトリミングする箇所を選択します。最初から選択ツールが選ばれているはずです。また、他の画像系ツールと同様、Shiftキーを押しながら選択することで正方形を選択できます。

画像を切り取る
画像を切り取る
画像を切りとったあと
画像を切りとったあと

画像のリサイズ

リサイズは以下のアイコンをクリックします。

リサイズ
リサイズ

マークアップツールバーを表示しなくても、上部ツールバーから ツール > サイズを調整… からでも可能です。

拡張子を変更する

ファイル > 書き出す… から可能です。

画像の書き出し
画像の書き出し